■プロフィール

日本水フォーラム

Author:日本水フォーラム
日本水フォーラム(JWF)は、第3回世界水フォーラム事務局の活動を引き継ぎ、水の分野で日本と世界を結ぶ架け橋となるべく幅広い活動を行っています。

記事に関連したおもしろいニュースを見つけたら、みなさんもぜひご投稿ください。(記事の下のCommentsから)
恐れ入りますが、記事をごらんになられた方は拍手をお願いします。

■ブログ検索

■カテゴリー
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■月別アーカイブ

■ブロとも申請フォーム
■FC2カウンター

■QRコード

QR

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --:--:--
水不足でついに一部の地域では節水開始
渇水・節水
市房ダム、渇水危機 5月総雨量が過去最少、農業用水ピンチ(西日本新聞 2013年6月13日(木))http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/369107
農業用水制限20%に 日野川流域水利用協(日本海新聞 2013年6月12日(水))http://www.nnn.co.jp/news/130612/20130612001.html
愛知、岐阜、三重の3県で節水実施へ 少雨が影響(中日新聞 2013年6月12日(水))http://www.chunichi.co.jp/s/article/2013061290202417.html
梅雨なのに水やり日課/高松の総雨量平年の4%(四国新聞社 2013年6月13日(木))http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/social/20130613000152

地下水
放出予定の地下水、放射性物質濃度が10分の1に 前回調査より(産経ニュース 2013年6月13日(木))http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130613/dst13061300070000-n1.htm

渇水は全国規模に広がりつつありますが、地域によって差があります。木曽川水系の地域(主に中部地方)ではいよいよ節水が始まります。

日本はそれでも水には恵まれているといえる方かもしれません。日本では水道の蛇口をひねれば、それが深夜であっても水が出るのは当たり前ですが、国によっては必ずしも24時間給水とは限らないのです。
スポンサーサイト
渇水・節水 | 11:09:12 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。